リフォームの施工実例

LIXIL エクシオール テラス床材 改修工事

IMG_3277.JPG

​【ポイント】

約15~20年前に設置したテラスの床が腐れてきたので、
サンルームは残して床材のみを交換しました。
再度腐食のおそれがあったので、耐久性が良い樹脂製の床材を採用。
​サンルームの屋根パネルも劣化により、交換しました。

基本情報

・物件種別  外構
・施工費   約130万
・施工内容  既存床材解体
        既存テラス撤去
        樹脂床材新設
        テラス再設置
        屋根パネル交換
・工期    約1週間
​・施工場所  熊本市北区

IMG_2442_edited.jpg

交換前のテラス床
木材を使用してあったので、雨に濡れる部分の腐食が激しい。
​一部割れてしまっている箇所も。

IMG_2444.JPG

交換前のテラス床
周りに樹木が植わっているので、コケも付いている。

交換前のテラス床下
雨に濡れている部分は、床下も腐食が進んでいた。
​床材を支える土台も腐食があった。

IMG_3248.JPG

テラス床の撤去
家側の束は束石を置かずに直接土に設置してあったため
シロアリの蟻道を確認。
建物のシロアリ検査は少し前にしてあり、報告はなかった。

 

テラス床の撤去
サンルームの折り戸とレールを一時撤去し、サンルーム本体を浮かせる状態で支える。
テラス床が一部二重になっていたので、どちらとも撤去

 

IMG_3251.JPG

テラス床の撤去
既存のテラス床の撤去完了。
​束石は新しくする床材の束石の位置を確認しながら撤去。

 

IMG_3273.JPG

テラス床の設置
以前の床材の腐食を考慮して、樹脂製のテラス床にしました。
LIXILの樹ら楽(きらら)ステージを採用。

 

IMG_3272.JPG

テラス床の設置
外木目調の色が以前より明るくなりました。
この上に折り戸とレールを再設置して床工事完了。

 

交換前の屋根パネル
経年劣化により、白くヒビ割れのようになっている。
いずれ雨漏りなどを起こすようになるので、合わせて交換しました。

 

2交換後の屋根パネル
コケやひび割れがなくなり、明るくなりました。
​耐久性と強度のあるポリカーボネート板に変更。
元々の屋根パネルより厚さが薄くなってので、
パネルを抑える部材とパネルに隙間ができたので、コーキング材により補強した。