【猛暑!夏のエアコン効率的な使い方】




7月に入り、日に日に気温が上がり湿度も上がることでジメジメとした季節になりましたね。

特に夕方から夜が室温が下がりにくく、汗がべたつくので、エアコンを使っている方も多いのではないでしょうか?

これから毎日のように使うエアコンを少しでも効率的に電気代も節約できる使い方やアイデアをご紹介します!





夏のエアコンを効率的に使う5つのポイント             





① エアコンを使う前に部屋の換気

お部屋を閉め切っている場合に外の気温よりも部屋の中の室温が高い場合は、エアコンを使う前に

窓を開けたり、扇風機などで暖まった空気を外に逃がして換気を行うことが大事です。

そうすることで、室温が少し下がった状態でエアコンが始動するので、効率よく運転できます。




② 最初は強風。冷えたら自動運転に

短時間で部屋の室温を下げるには、最初は強風の方が効率的になります。

その後部屋が冷えてきたら、自動運転にしておくと無駄な電気代が少なく済みます。


*短時間でのスイッチのON/OFFはなるべくしない

ご存じの方も多いかと思いますが、

エアコンは運転を開始するときに電気を多く消費するため、もったいないと思って

スイッチをこまめに付けたり消したりするとかえって電気を多く使ってしまいます。

なので、運転中のまま設定温度や風量を調整することで節電の効果がある使い方ができます。




③ 設定温度は+1℃(+扇風機)

冷えすぎてきたなと思ったら、こまめに設定温度を調整しましょう。

理想的な設定温度は、【28℃】になります。

エアコンの設定温度をいつもの温度より1℃上げることで、

約10%OFFの節電につながると言われています。


また、それで暑いと感じる方は扇風機との併用をされてはいかがでしょうか。

冷たい空気は部屋の下の方にたまりやすくなっています。

扇風機などで部屋中の空気を循環させることで、体感的にも涼しく感じ、

エアコンの冷房効率も上がるので、おすすめです!




④ フィルターの掃除はこまめに。2週間に1回!

エアコンのフィルターにほこりやごみが詰まっていると

冷房効率が悪くなり、設定温度よりも高い風が吹く出している場合もあります。

それだと、思ったよりも涼しくならず、設定温度を下げたり風量を強くしたりして

電気代が高くなるなど悪循環になっていまします。

なので、2週間に1回はフィルターを外してやさしくブラシなどで

目に詰まったごみを取り除くようにされてください。




⑤ 外の室外機の前や周りをきれいに保つ

意外に忘れがちなのが、外にある室外機の影響になります。

室外機は、部屋の中で暖かい空気や湿気を外に排出して外の空気を冷却して

室内に入れている仕組みになっています。

なので、室外機が上手く働くことも効率的なエアコンの使い方に繋がっています。


まず、『室外機の前に植物や物を置かないこと』

排出する空気が室外機の周りに溜まってしまい、高温になると

冷房効率が悪くなり、故障の原因にもなってしまいます。


次に、『直射日光が当たらないようにする』

高温になりすぎないという点から室外機の周りで日陰を作り、

温度を下げることが重要になります。

すだれや室外機専用の日よけパネルを活用して日光を遮りましょう。





夏の時期は毎日使うエアコンの使い方を少し見直すだけで、

電気代が安くなったり、こまめに気にすることでエアコンを長持ちさせることにも

つながるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか!














8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示