歴史・想い

社長.jpg

​代表取締役社長
 

IMG_5123.PNG

酒井建設は、私の祖父が大工業として創業し、
地元の工務店として地域の方々の暮らしに関わっていました。
当時は、大工の職人を育てるため家に大工さんが何人もいて
​住み込みで修業している様子を幼い記憶として覚えております。

それから平成5年に二代目社長である父が有限会社 酒井建設に法人化し、
平成30年に株式会社 酒井建設に変更し、今に至ります。
大工さんが数ヵ月もかけて行っていた「手刻み」と呼ばれる
木の加工も機械のプレカット加工にほとんど変わり、
従来の家の作り方や求められているものが変化しております。

新たなニーズに今まで培ってきた技術を合わせて、
熊本の風土に合った家づくりを続けていきたいと考えております。