​職住一体の家

コンセプト

インテリアデザイン

「職住一体家」とは

働く住む が両立できる住まい。
多様化する働き方に新たな暮らし方をご提案します。

 

戦後、住宅専用地区が整備され、住居と仕事を分けて生活するのが

つい最近まで、当たり前の世の中でした。

しかし、新型コロナウイルスが世界中で発生し、

一気に働き方や暮らしが変化しました。

仕事場では、テレワークの推進で通勤が必要なくなり、

働く場所や住む場所も限定されなくなっています。

そこで、今まで分けられていた「住む」と「働く」の在り方を考え直し、

​様々な働き方にあった暮らし方について提案します。